【Ubuntu Core 20】Raspberry PiのIoT機器向けOS|インストール・初期設定まで

スポンサーリンク
コンピューター

Ubuntu CoreはIoTおよび組み込みシステム向けに設計されたOSです。

詳しくは公式ドキュメントを見てください。

実験でラズパイをIoT機器として使おうしていたといころ、このOSを見つけたのでインストール方法をメモしていきます。

スポンサーリンク

必要なもの・インストール要件

  • Raspberry Pi 4 Model B 8GB RAM
    (今回Ubuntu Core 20をインストールするハードウェア)
    インストールするラズパイの要件は公式サイトを確認してください。
  • Windows PC
    (Ubuntu Core 20をmicroSDカードに書き込むために使用)
  • microSDカード(4GB以上)
    OSを書き込むもの
  • ラズパイにつなげるモニター・キーボード
    ラズパイの初期起動に必要になります。
  • SSHキーが関連付けられたUbuntuSSOアカウント
    初期起動にUbuntu SSOを使用してデバイスにログインします。
    SSH接続するにはRSA公開鍵/秘密鍵を使います。

OSのインストール

OSのインストールにはRaspberryPi imagerを使用します。
基本的な使い方は以下の記事を参考にしてください。

[CHOSE OS] → [RaspberryPi OS(other)] → [Ubuntu]と選択していくと下のほうに[Ubuntu Core 20]が64bit用と32bit用の2種類あります。
使用するラズパイにあったバージョンを選択してください。

RSAキーの生成

認証で使用するRSAキーのセットを作成します。
これはSSH接続するクライアント側のPCで実行します。

コマンドラインで以下のコマンドを実行します。

ssh-keygen -t rsa #

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (C:\Users\username/.ssh/id_rsa):#下位の生成場所
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in C:\Users\username/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in C:\Users\username/.ssh/id_rsa.pub.

生成された”.ssh/id_rsa.pub“の内容をUbuntu SSOのSSH Keysに貼り付けて登録します。

初回SSH接続するとき、秘密鍵のパスフレーズが必要となります。

初期起動

電源がオフになっているラズパイにキーボードとモニターをつなげ、SDカードを差し込み電源を入れます。

起動後画面に”please enter to configure.“と表示されます。

Enterキーを押すと、
Configure the network and setup an administrator account on this all-snap Ubuntu Core system.
と表示されます。もう一度Enterキーを押すとネットワーク選択ページに移動します。

ネットワーク設定

Ubuntu Coreにはネットワーク環境が必要となります。

有線接続(イーサネット)かwi-fiを選択することができます。

Wi-Fi

Wi-Fiを設定する場合”[wlan0 wlan – ▶]”を選択し、Enterを押します。
横に小さなメニューが表示されるので”Edit Wifi ▶ “を選択します。

Wi-Fiのネットワークインターフェース構成パネルが表示されるので、SSIDを入力するか、”Choose a visible network”を選択し検出されたネットワークのリストから選択します。

最後にパスワードを入力し”Save”を選択します。
前のメニューに戻り”DHCPv4″の右側にIPアドレスが表示されれば成功です。

[Done]を選択して次へ進みます。

Ubuntu SSOの詳細を追加

UbuntuSSHアカウントに登録したメールアドレスを入力します。
(キーボード配列が違うため”@”は”Shift + 2“となります。)

成功すると以下のようなメッセージが表示されます。

This device is registered to <ubuntu-sso-email-address>

Remote access was authenticated with SSO user <username>.
Public SSH keys were added to the device for remote access.

<ubuntu-sso-email-address> can connect remotely to this device via SSH:

ssh <username>@<ip-address>

これでデバイスに接続する準備が整いました。

デバイスに接続

RSAキーを生成したPCからSSH接続をします。

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

ssh <username>@<ip-address>

初めて接続する場合、その信頼性を受け入れるよう求められます。この時、RSAキーを生成した時のパスフレーズを入力します。

これで接続することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました