macにpython3の環境構築|3つのインストール方法

スポンサーリンク
pexels-photo-303383.jpeg mac
Photo by veeterzy on Pexels.com

MacでPythonの開発環境をインストールする方法はいくつかありますが、そのなかから3つのインストール手順を紹介します。

スポンサーリンク

macのシステム情報

使用するmacは以下となる。

  • macbook pro 13-inch, 2016, Thunderbolt 3ポートx 2
    • CPU
      2.0GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz),4MB共有L3キャッシュ
    • メモリ
      8GB
    • OS
      macos 11.5.2(20G95)

インストール方法

今回インストールするpythonのバージョンは3です。

インストールする方法によって、細かいバージョンは違ってくるがそこまで気にする必要はない。

方法1.Homebrew・pyenvを使ってインストール

Homebrewとpyenvを使ってインストールしていきます。

Homebrewとは
 macOS用のパッケージ管理システム

pyenvとは
 複数のpythonのバージョンを使い分けるコマンドラインツール

コマンドライン・ディベロッパーツールのインストール

Homebrewのインストールにはコマンドライン・ディベロッパーツールが必要となります。

Pythonなどで利用するC言語環境として、Command Line Tools をインストールします。

ターミナルを起動し、次のコマンドを実行します。

gcc

コマンドライン・ディベロッパーツールがインストールされてない場合、インストール画面が表示されます。

Homebrewのインストール

Homebrewのインストールはコマンドでインストールできます。

ターミナルで以下のコマンドを実行しインストールします。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

インストールコマンドは変わる可能性があるので上記のコマンドでインストールできない場合、公式サイトで確認してみてください。

インストール中に”Press RETURN to continue or any other key to abort“というメッセージが表示されたら、Enterキーを押して進めます。

また、パスワードの入力が求められた場合、PCにログインする時のパスワードを入力します。

インストールが完了したら、次のコマンドでインストールを確認します。

% brew -v
Homebrew 3.2.10
Homebrew/homebrew-core (git revision b4d65200f3; last commit 2021-08-31)

pyenvのインストール

先ほどインストールしたHomebrewを利用してpyenvをインストールします。

次のコマンドを実行して、インストールします。

% brew install pyenv

インストールが終わったら、次のコマンドでインストールが完了していることを確認してみます。

% pyenv -v

pyenv 2.0.5

pyenvの設定

pyenvを動かすための設定を行なっていきます。使っているシェルの種類によって、設定を変更するファイルが異なります。

シェルの種類設定変更ファイル
bash~/.bash_profile
zsh~/.zshrc

設定の内容は同じになります。

設定変更ファイルを開き、以下の内容を追加してください。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init --path)"
eval "$(pyenv init -)"

設定を変更したらターミナルを開き直して変更を反映させます。

pythonのインストール

pyenvを利用して、pythonをインストールします。

次のコマンドを実行しインストールできるpythonのバージョンを確認します。

% pyenv install --list
pyenve install –list

色々なものが表示されますが、バージョンだけ表示されているものがpythonになります。

ここではpython3.9.6をインストールしていきます。

% pyenv install 3.9.6

インストールのみではpython3コマンドでpythonは利用できません。

まず、インストールされているバージョンを確認します。

% pyenv versions
* system (set by ”/Users/syoya/.pyenv”/version)
  3.9.6

次のコマンドを実行し、pythonをインストールしたバージョンに切り替えます。

% pyenv global 3.9.6

以下のコマンドで切り替わったことを確認するか、pythonのバージョンを確認してください。

% pyenv versions
  system
* 3.9.6 (set by /Users/syoya/.pyenv/version)

% python -V
Python 3.9.6

上記のように返されたら、切り替え完了です。

方法2.python公式サイトからインストール

python公式サイトからmacOS用インストーラを利用してpythonをダウンロードします。

インストーラのダウンロード

公式サイトから、mac OS用のインストーラをダウンロードします。

universal2はM1チップ搭載のMac用のインストーラです。(*2021/8/31現在正式リリースされている最新バージョンは3.9.7です。)

インストーラの実行

ダウンロードしたpkgファイルを実行し、pythonをインストールします。
基本的にはデフォルトのまま「続ける」を押していいでしょう。
PATHは自動的に追加されます。

以下のコマンドでpythonのバージョンを確認してください。

% python3 -V
Python 3.9.7

これでインストール完了です。

公式サイトからインストールした場合、コマンドが”python“だとデフォルトのpython2が起動します。

コマンドを変更したい場合、以下を参考にしてください。

方法3.macのデフォルトのpythonを利用

macbookには初めから、python2.7.16がインストールされています。

また、”/usr/bin”配下にpython3コマンドがあり、コマンドライン・ディベロッパーツールをインストールすることで、python3.7.3を利用することができます。

デフォルトのpythonを使う場合pipなどをアップデートした場合、元ある場所とは別の場所にインストールされるのでPATHの書き換えが必要になります。

これに関してはメモとして以下の記事に書きました。

まとめ

他にもmacでpythonをインストールする方法はいくらかあるが、主に用いられるインストール方法を書きました。個人的には公式インストーラでインストールするのが最も早いが、後々のことを考えるとHomebrewとpyenvでインストールするのがいいと思いました。

コメント

  1. 佐伯 より:

    home brewの方法でインストールした後にうまくいかず、
    公式サイトからインストールした場合ソフトは書き替えられるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました