【iPhone13】スペック比較

スポンサーリンク
スマホ

今年もまた、新作のiPhone13が発表されました。正直な感想を言うと、魅了的な変化は感じられませんでした。

とりあえず、12とどのように変わったのかを比較して行こうと思う。

スポンサーリンク

全モデルの主なスペックと変化点

iPhone13もiPhone12と同様に、4モデル発売されます。

主なスペックと変化点を表にまとめました。

スペック iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
価格 ¥86,800~ ¥98,800~ ¥122,800~ ¥134,800~
カラー ブルー
スターライト
ミッドナイト
ピンク

(PRODUCT)RED
シルバー
グラファイト
ゴールド
シエラブルー
ディスプレイ 5.4インチ
有機EL(OLED)
Super Retina XDR
HDR
True Tone
広色域
最大輝度800ニト(標準)
最大輝度1,200ニト(HDR)
ノッチが20%縮小
6.1インチ
有機EL(OLED)
Super Retina XDR
HDR
True Tone
広色域
最大輝度800ニト(標準)
最大輝度1,200ニト(HDR)
ノッチが20%縮小
6.1インチ
有機EL(OLED)
Super Retina XDR
HDR
True Tone
広色域
ProMotion(120Hzのリフレッシュレート)
最大輝度1,000ニト(標準)
最大輝度1,200ニト(HDR)
ノッチが20%縮小
6.7インチ
有機EL(OLED)
Super Retina XDR
HDR
True Tone
広色域
ProMotion(120Hzのリフレッシュレート)
最大輝度1,000ニト(標準)
最大輝度1,200ニト(HDR)
ノッチが20%縮小
重さ 140g(+9g) 173g(+7g) 203g(+16g) 238g(+12g)
バッテリー性能 19時間(+2時間)
15時間(+4時間)
75時間(+10時間)
17時間(+2時間)
13時間(+3時間)
55時間(+5時間)
22時間(+5時間)
20時間(+9時間)
75時間(+10時間)
28時間(+8時間)
25時間(+3時間)
95時間(+15時間)
CPU A15
  • 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU
  • 新しい4コアGPU
  • 新しい16コアNeural Engine
A15
  • 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU
  • 新しい5コアGPU
  • 新しい16コアNeural Engine
容量 128GB / 256GB / 512GB 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
SIM規格 デュアルSIM (nano-SIMとeSIM) / デュアルeSIM
防水性能 IP68
背面カメラ 1,200万画素 デュアルカメラ
超広角 f2.4
広角 f1.6
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
センサーシフト光学式手ぶれ補正
True Toneフラッシュとスローシンクロ
ナイトモード
自動調整
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
1,200万画素 トリプルカメラ
超広角 : f1.8
広角 : f1.5
望遠 : f2.8
3倍の光学ズームイン

2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム

センサーシフト光学式手ぶれ補正

True Toneフラッシュとスローシンクロ
ナイトモード
ナイトモードポートレート
自動調整
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル

Apple ProRAW
前面カメラ 1,200万画素
f2.2
4Kビデオ(24fps,25fps,30fps,60fps)
Retina Flash
映画レベルの手ぶれ補正(4K,1080p,720p)
1080p HD(25fps,30fps,60fps)
1080pスローモーション(120fps,240fps)
写真のスマートHDR 4
Dolby Vision対応HDR(最大4K,60fps)
ナイトモード
Deep Fusion
QuickTakeビデオ
フォトグラフスタイル
シネマティックモード(1080p,30fps)
1,200万画素
f2.2
4Kビデオ(24fps,25fps,30fps,60fps)
Retina Flash
映画レベルの手ぶれ補正(4K,1080p,720p)
1080p HD(25fps,30fps,60fps)
1080pスローモーション(120p)
写真のスマートHDR 4
Dolby Vision対応HDR(最大4K,30fps)
ナイトモード
Deep Fusion
QuickTakeビデオ
フォトグラフスタイル
シネマティックモード(1080p,30fps)
ProRes撮影(最大4K,30fps。容量128GBモデルでは1080p,30fps)
ビデオ撮影 4K(24fps,25fps,30fps,60fps)
1080p HD(25fps,30fps,60fps)
Dolby Vision対応HDR(最大4K,60fps)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
QuickTakeビデオ
1080pスローモーション(120fps,240fps)
ステレオ録音
ナイトモードのタイムラプス
シネマティックモード(1080p,30fps)
4K(24fps,25fps,30fps,60fps)
1080p HD(25fps,30fps,60fps)
Dolby Vision対応HDR(最大4K,60fps)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
3倍の光学ズームイン

2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
オーディオズーム
QuickTakeビデオ
1080pスローモーション(120fps,240fps)
ステレオ録音
ナイトモードのタイムラプス
シネマティックモード(1080p,30fps)
ProRes撮影(最大4K,30fps。容量128GBモデルでは1080p,30fps)

*赤文字→全モデル共通の変化てん
*黄色のアンダーバー→pro限定の変化点

全モデル共通で変わったとこ

iPhone12から性能がどう変化したのか簡単にまとめる。

ノッチが20%縮小

ノッチが20%縮小。これによって新たに通知バーに何かを追加するかは不明。ノッチが縮小したからと言って動画やゲームでは通知バー部分は、ほぼ何も表示しないので大した変化ではない。

A15チップ(処理能力の向上)

  • 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU
  • 新しい4コアGPU
  • 新しい16コアNeural Engine

正直、処理能力に関しては頭打ちしている感がある。性能と処理能力が同時に上がっているから、使用感はあまり変わらない。省電力性の向上にも期待したい。

バッテリーの向上

これも処理能力と同時に向上しているためバッテリー容量が増えているからと言って、バッテリーが長くなるかは不明。

手振れ補正がセンサーシフト光学式に

広角カメラにも、手振れ補正が対応。

iPhoneの手振れ補正はかなり高精度だが、センサーシフト光学式になることによってさらに安定すると思う。

iPhone 13 /13 mini のカメラの配置が対角線になったがこれがどのように影響してくるかは不明。

シネマティックモード

撮影後でもフォーカスを変えたり、ボケ効果を調整したりできるシネマティックモードが追加。

正直これを求めているユーザは多くないと思う。

フォトグラフスタイル

肌の色をキープしながら、適切なエリアだけ色を強めたり抑えたりと調節できる機能。

これも正直あまり求めていない機能だと思う。

デュアルeSIM

iPhone 13ではすべてのモデルでeSIMに対応し、eSIMで2回線利用可能に。物理SIMと組み合わせて、3回線利用できるかは不明。

eSIMはそれほど普及していないし、eSIMは機種変更するのに手続きがだいぶめんどくさいeSIMを2回線使えるようにする前に物理のデュアルSIMに対応してほしかった。

そもそもiPhoneはデュアルSIMに対応しておきながら、デュアルアプリなどに対応してないから、iPhoneで2回線は使い勝手が悪い。

proモデル限定で変わったとこ

120Hzのリフレッシュレート

iPhoineもついに120Hzのリフレッシュレートに対応となった。

画面が滑らかなことは大した変化ではないと思われるが、比較すると大きな変化である。ゲームなどをする人にとっては、かなりうれしい対応だ。

しかし、これによってバッテリ消費がかなり増えるが、iPhoneは必要な時に120Hzになるようにアルゴリズムされているらしい。

全カメラでナイトモードに対応

Proモデル限定の望遠カメラでもナイトモードが対応された。

マクロ撮影に対応

2センチの距離までのマクロ撮影に対応した。写真も動画もマクロ撮影が可能。

マクロのビデオ撮影はどの状況下で使うことがあるのか正直思い浮かばないから、多分使うことはあまりないと思う。

望遠カメラで3倍の光学ズーム

Pro限定の望遠カメラのズームが2倍から3倍になった。遠くのものを撮影する機会は多々あると思う。その倍率が3倍になることで、カメラの使い勝手がよくなると思う。

期待していた変化はなかった

今回のiPhone13で個人的に特に追加してほしかったものは追加されなかった。

まだiPhone独自のLightnig端子

これはもうiPhoneユーザならだれもが思っているものだと思う。正直もうほとんどの電子機器がtype-C端子に変更されてきている。MacBookやiPadはtype-Cである。Lightnig端子なのはiPhoneだけである。さっさとiPhoneもtype-Cに変更してほしい。

指紋認証はない

今やマスク生活が当たり前となった世の中でFace IDはかなり不便である。

新型のiPad Airではホームボタンなしで電源ボタンにTouch IDが搭載されているのだから、iPhoneでも可能だろと個人的に思う。iPad Airよりも先にユーザの多いiPhoneに電源ボタンにTouch IDを搭載してほしかった。

まとめ

iPhone13ではProモデルのカメラ機能が主な変化点であると感じた。

処理能力に関しては正直革新的な変化はないと思う。iPhone 11以降を利用していてカメラをさほど使わない人は機種変更する必要は見当たらない。

ただ、2年以上前にスマホを使っている人は機種変更をしたほうがいい。

というのもスマホなどの電子機器は使い続けると性能が落ちてくるし、最新のものと2年前のものの性能はだいぶ変わってくる。

てことで、この記事を参考に購入を検討してくれると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました